スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖の上のポニョ

ぽーにょぽーにょぽにょ
さかなのこ♪

poster-image.jpg

ポニョの得体も知れないまま、フレーズだけが耳につくので
早く見に行かなければ!
ってことでみてきました~♪

かわいかった~♪
とにかく!
かわいかった~♪
かわいい!かわいい!かわいい!
たまらんかわいい!

CGなしですべて手描き!
ドSだね!ドMだね!
冒頭から恐ろしく細かく動いてる~~~。
動くところはかんたんな作画でめいっぱい動かして、
動かないところは色鉛筆やパステルで質感出して・・・。
キレイ~。

やたらと不思議なことに理解のある大人たちや、
お話の中の「なんで?」っていうのは考えないでおきましょう。

さっそくケータイにはポニョが待ち受けました。
さっそくローソンでトートバッグをゲットしました。

こどもが欲しくなった!
スポンサーサイト

富士登山 2日目

2時間ばかし仮眠して、夜中の1時半にまた出発。
気持ちは元気。
でも体は確実に疲れを示していて、
真っ暗で景色も見えないし、急な山道を登るばかりでただただ苦痛。

そして恐れていたことが起こる。
あれ?なんか・・・しんどい。
ずっと深くヨガ呼吸して登ってたけど、それがやってきてしまった。
高山病。
頭が痛い。吐き気がする。心拍数が尋常でない。
次の休憩までもたない。
ついさっきまで気休めじゃないの~って笑ってた酸素缶に手を出すハメに。

P1010543.jpg
空が明るくなってきた。
ずっと先頭あたりを歩いてたけど、徐々にシンガリ近くに。
最初ガイドさんが何か言うたび、「はーーーい!」って元気に返事してた女の子も
完全に無口になってる。
ちょっと休憩して酸素を吸うとけっこう楽になる。
よし行こう。って歩き出すけど、またすぐに苦しくなる。
う~ん、これが高山病。
苦痛で仕方がない。
気温はすっかり真冬。
持っている服を全部着る。
ダウン持ってきて正解。寒い。

P1010557.jpg
まだ頂上に着いてないのに、いよいよ太陽が顔を出そうとしている。
前情報では、頂上に着いてご来光を30分ほど待ってる間が一番寒い。
とかって聞いてた。
けど、全然着いてない。
先頭のガイドさんも着いてない。
これは間に合わないなと腹をくくる。
けっこうゆっくり登ってたんだな~。
道中、人で混みあうことはなかったけど、
さすがにこのあたりは人が多くて
道幅も狭いし頂上までパンパンに人が列をなしている。
ご来光を気にしながら、顔真っ青の瀕死の状態でちょっとずつ登る。
ふと気づけば・・・
あれ・・・ご来光出てんじゃない?

P1010561.jpg
ご来光出ちゃった。。。
雲がかかっていて、思ったようなご来光は見れず。
頂上手前でご来光を拝むことに。
雲はかかれども美しい。

P1010567.jpg
下には聡明な河口湖がくっきり見える。
数秒ごとに空は違った顔を見せ、
また違う。また違う。とただただ見とれる。
この世のものとは思えない眺望。

P1010574.jpg
もうすぐ。もうすぐ頂上。
容赦なく急な道をいっこいっこ登る。

P1010581.jpg
頂上!
標高3776m。
登った。登りきった!ツラかった!
相棒は余裕ぶっこいている。
「富士山こんなもん?てカンジ。雨の屋久島のがよっぽどツラかった。」
だって。
む~~高山病さえなければ。。。

山頂には浅間大社と山小屋とおみやげやさん。
山の物価は異常に高く、缶のホットココア(400円)で回復。
全員無事に登りきったよう。
みんなお弁当食べたりしてるけど、とても喉を通らない。
富士山のトイレは有料なんだけど、
五合目50円から道中ほとんど100円で山頂は200円だった。
昔は汚かったらしいけど、このチャージのおかげでキレイになってんだね。

30分ほど休憩したらまた出発。
火山口を見に行く。

P1010588.jpg
すごい!すごいスケール!
ドラゴンヘッドを思い出す。

P1010589.jpg
奥にあるのが富士山観測所。
実質一番高いところらしい。

P1010594.jpg
火山口を覗いて見た。
すごいな~。莫大なエネルギーをためてんだろうな。

火山口を見たらすぐ一気に下山。
なんちゅ~ハードスケジュールだ。
帰りは一本道なので、自由に降りて五合目で待ち合わせとのこと。
ここで思い出した。
あっ!ヨガしてない!
頂上で太陽礼拝か、ラジヨガ体操しようと思ってたのに、
全然それどころじゃなかった。

P1010600.jpg
とってつけたようにワンポーズ。
しっかり拝みました。

P1010601.jpg
極上の絶景を横目に下山。
帰りは砂走りの下山道と言われる急な砂地の坂道をひたすらに下る。
靴に砂が入らないように登山スパッツ装着。
砂塵と紫外線がものすごいので顔にタオルを垂らして上から帽子。マスクも装着。
スタイルは完全にカゲキ派。
街中でこのかっこしてたら捕まります。
でもそんなん言うてられない。とにかく砂がすごい。
今回、装備は完璧やったけど、ただひとつ足りなかったもの。
防塵ゴーグル!
う~ん、これさえあればパーフェクトだったね。

P1010609.jpg
見晴らしのいい下山道をほんとひたすらひたすらに下る。
急な坂だし、ちょっと景色に見とれてしまうとすぐに滑ってしまう。
膝が笑う。
ここで一大事が!
山頂でトイレ行ったのに、ココアを飲んでしまったのですぐトイレに行きたくなってしまう。
次のトイレが全然ない。
ないよ。って言われてたけど、ほんまにない。
すっかり高山病は回復してたけど、こんなことでまた真っ青に。
見晴らしがいいので下の方に建物を発見。
見えてるけど、すごく遠い。
ジグザグな道を思いっきり超高速で下りていってなんとか安堵。
女子を失うところだった。。。
こんな高速下山にもきっちり対応してついてきてくれる相棒に感謝。

P1010630.jpg
下りてゆくごとにどんどんあたたかくなっていく。
まったくもっておもしろくない道をどんどんどんどん下って五合目近く。
相変わらずの絶景。
このあたりは馬で上り下りができるらしく、たくさんお馬さんが見れた。

ついに下山。達成!
やったー!疲れたー!
早くに下りてこれたので他の人を待ってる間仮眠できた。
急にひどい頭痛がして、パタンと倒れてしまうんじゃないかと思ったけど
ちょっと横になったら回復したので安心。
そこからふじやま温泉に行ってすっかり疲れを癒せた。
目も耳も鼻も砂で真っ黒。

お昼にほうとうを食べていると、そこから富士山がくっきり見えて、
ああ、あそこに登ったんだ~と実感。
お昼が済んだらそのまま帰路へ。


とにかく高山だし、足場も悪くて、過酷なところなので
気安く「登ってきな!」なんて言えないけど、
五合目までは車ですんなり行けるのでぜひとも訪れてみてほしいところ。
毎年登ろう!なんてとても思えないけど、
また登ることがあるならば、次こそ雲に邪魔されないご来光を見てみたい。

富士山頂で何を見る?何を思う?

富士登山 1日目

更新お待たせです。
富士山登ってきましたー。
去年、屋久島に行ったときから、
絶対来年登ろう!ってことで準備を整えてました。
約束と念願がかなってうれしい!

行った人の感想を聞く限り、
トイレがひどい。仮眠室がダダ混みで最悪。寒い。きつい。
感動したけど二度と行きたくないだとか、あんまりいいことは聞いてなかったので、
とにかく体力のあるうちに1度は行きたかった。

登山は素人なので、ツアーで行くことに。
朝出て夕方から登って、夜にちょっと仮眠して、
夜中に出発して登り続けてご来光見て、そのまま下りるという強行2日間コースに決定。
考えただけでキツそうやけど、なんとかなるかなと。
心配なのは高山病。
でもそんなんにビビってたら富士山なんて登れないし!

朝に京都をバスで出発して、夕方富士山五合目に到着。
けっこう肌寒い。
着替えて、準備して、説明聞いて、準備体操したら18時頃出発!
ドキドキ!

P1010469.jpg
同じツアー総勢46名ほどの団体で登る。
五合目でも標高2300m。
すでに雲の上の世界。
ありえないほどの絶景。

P1010480.jpg
頂上を見上げてみる。
近いようで遠いようで、どのくらいかかるのか見当もつかない。

最初はなだらかだった道もどんどん急に。
岩場もあるし、足場はかなり悪い。
まったくつまらない山道をジグザグに登っていく。
気持ちをささえるのは見るたび見るたびに変化する景色。
30秒ごとにどんどん色が変わっていく。

P1010491.jpg
雲の上の雲。

刻々と日が暮れて、ヘッドライト着用。
真っ暗の中をみんなのライトだけが地面を照らす。
雨予報が出ていて心配だったけど、快晴。
雨が降っていない登山。
リュックの中はいつ急に雨が降ってもいいように対策済。
というのは去年屋久島行ったとき大雨で、
ひどい状況の中10時間歩いて縄文杉に会いに行くはめになった。
3日登山したけど、3日とも雨で、ほんとうに最悪な状況を経験したので
雨が降っていない。ということがほんとうにすごい喜び。
降ってないとこんなにも楽なのか!

P1010507.jpg
この日は月がキレイで、ほんとうにキレイで、
手をのばせば届きそうなくらい近くて、すごく明るかった。
一生懸命写真を撮ってみたけど、思うように撮れなくてやきもきしてたら相棒が
「来たもんだけの特権だ。」と。納得。
星はたくさん見えていたけど、月が明るすぎてボンヤリ。
今夜は月がキレイな日やったんやな~と。

P1010530.jpg
ちょっと登っては休憩。ちょっと登っては休憩。
なんか休憩多すぎないかい?て最初は余裕こいてたけど
終盤はけっこう山小屋の灯りを見てホッとするほど疲れてきた。

途中スニーカーが破れて大変なことになってた人がいた。
なんて浅はかな。
ちゃんと準備してこないとえらいことになるよ。

夜11時頃、ようやく八合目の仮眠する山小屋に到着。
ベッドは横長の2段になってて、
ウワサに聞いてた、顔、足、顔、足のギュウギュウなカンジではなく、
ひとりあたり横1mほどのスペースがあって、けっこう楽に寝れた。
気が張って眠れないかと思ったけど、爆睡。
この後の地獄を想像もしなかった。。。

祇園祭 山鉾巡行

17日は山鉾巡行。
こちらも毎年の楽しみのひとつ。
辻回しはやっぱ迫力があります。

CA390459.jpg

炎天下の中、たっくさんの人。人。人。
いつもの街がごった返しております。

CA390472.jpg

鉾町ではありませんが、うちの父と弟は毎年お手伝いをさせてもらってます。
で、毎年屋根方。
いいな~、男は~。
私も何かしらの形でかかわりたいものです。

屋根の上から写真を撮るのが父の趣味なのですが、
今年から写真禁止になったらしく、
終わったあとのビールの配給もなくなったらしく残念そうでした。
世界遺産関係でキビしくなったのかしら?

弟は腰痛のため、欠席。
「ヨガで治るよ。」
「ほんま??」
とか言いつつなかなかその気になれない様子。

やりたくないときはやらなくていい。
やりたくなったらやればいい。

まあそのうち来るでしょう。

祇園祭であっつい夏のはじまりを感じます。
来年も見れるといいな~。

祇園祭 宵山

CA390452+.jpg


暑いし人多いからイヤ~ってな京都人は多いですが、
私は毎年行きます。
祭りは大好きです。
お囃子を聴くとときめきます。

P1010455+.jpg

鉾の装飾も美しい~。
この日ばかりは男に生まれたかったと心から思います。

年々いろんな屋台も増えてきてますが、そんなものには目もくれず、向かうは錦。
生麩やさんの生麩田楽、鶏肉やさんの焼き鳥、魚やさんの鮎の塩焼き・・・。
そんなん、うまいに決まっちょります。

で、今年は着物の売り出しにめいっぱい食いつきました。
へこ帯1000円にはオドロキ!
いい買い物しました~。

夏と蓮と紫陽花と

宇治の三室戸寺に行ってきました。

DSC_0014.jpg

友達に触発されて、さっそく行動!
蓮と紫陽花がキレイなんですって!

三室戸寺(みむろとじ)は、京阪宇治駅のひとつ手前、三室戸駅にあります。
お昼からのんびり行こうよって企画でしたが、
なにげにHPを見てみると、
「午後になると蓮の花びらが閉じてしまうので、午前中に見てください。」
ですって!
あぶない、あぶない!
急きょ朝イチ出発に変更。
それにしても、朝にしか立派なお姿を拝見できないなんて
気高いお花なんですね。

駅からお寺まで15分ほど歩きます。
この日は真夏日でとにかく暑い暑い。
朝から汗だらだら。。。
で、この駅。
めちゃくちゃローカルです。
誰も歩いてない。
もしかしてものすごいマイナー寺なのか!?

DSC_0001.jpg

道中おうちの軒先に咲いてたききょうがとってもキレイでした。
他にもお花のあるおうちがとても多くて、
さすが花の寺と言われるお寺のご近所さん。
花を愛でる方が多いんですね。

お寺に着いたら、たくさんの人がいました!
みんな車とかバスで来てはるみたい。
拝観料は入山料となってました。
山なんですね。
長い坂や階段を登っていきます。
暑い~。

DSC_0017.jpg

しょっぱならからたくさんの紫陽花がお出迎え。
キレイです~。


階段を登りきると出ました!本堂の前にたくさんの蓮!
すげ~~~!

DSC_0104.jpg

カメラ小僧たちに負けじと、夢中でシャッター切りまくり!
したたる汗も、くずれるメイクもなんのその。
蓮の美しさに見惚れるばかり。

DSC_0115.jpg

DSC_0130.jpg


あ!飛行機雲が!
DSC_0170.jpg




DSC_0065.jpg


なんだろう、この清らかさは。
汚れがない。
許される。浄化される。そんな感じ。
蓮が仏花と言われる所以がわかった気がします。


蓮を堪能したところで、紫陽花庭園へ。
見渡す限りの紫陽花。

DSC_0187.jpg

30種1万株だそうです。
あれもこれもあっちもこっちも紫陽花。

DSC_0194.jpg



DSC_0190.jpg

ベイビーな紫陽花がかわいい♪


紫陽花も堪能したところで暑さ限界。
もちろん目指すは茶屋。

DSC_0217.jpg

宇治ミルク金時。
めっちゃうま!

三室戸寺は他につつじや紅葉もキレイだそうです。
1年を通して四季が楽しめるすてきなお寺ですね。
8月上旬くらいまで蓮が楽しめるそうなのでぜひぜひおすすめです。


ここからは歩いて宇治散策。
平等院は去年行ってまだ記憶に新しいので、
メインの目的地はやっぱり・・・「中村藤吉本店」。

さっき氷食べたじゃんっっっ。
いやいや、けっこう歩いたし。
お昼ごはんがまだですからね。
抹茶ゼリーが食べたいところだけど、さすがにさっきスイーツ食べたので
ここは我慢して、抹茶の藤吉うどん。

DSC_0238.jpg

これはちょっといまいち。。。病人食みたいでした。
味うすくて。。。写真も小さめにしちゃえ。
んでから、食後はこちら。

DSC_0240.jpg

グリーンティフロート♪
うわ~い、サイコーです♪

宇治って近いのにものすごい旅行気分が味わえます。
思い立ったときしかしないけど京都観光はいいもんです。


DSC_0241.jpg

長くなったついでにおまけ。
本日のおみや。
伊藤久右衛門の京ばん茶と稲房安兼の茶のだんご。
宇治堪能日和。

星空ヨガ♪

平日開催おうちヨガパート2のお知らせです!
お天気が良ければ屋上で星空ヨガの予定です♪
どなたでも参加OKです!
夏の夜風に吹かれ気持ちよく呼吸しましょう。

CA390325+.jpg

内 容 キレイになるヨガ
日 時 8月4日(月)21:00~22:30
場 所 西陣のおうち
参加料 1500円(レンタルマット料別途100円)
駐車場 1台

キレイになるヨガって??
ハタヨガをベースに動きがゆっくりとフローする
ヴィンヤサスタイルのビギナークラス。
ヨガがはじめての方や体のかたい方でもムリなくはじめられ、
呼吸を中心としたとても気持ちの良くなるクラスです。

・動きやすい服装で、ヨガマットをお持ちの方は持参してください。
・ブランケットをご用意しています。
・開始20~30分前にはお越しください。
・ヨガの2時間前までに食事をすませておいてください。
・人数に限りがありますので必ずご予約ください。
・参加希望者にくわしい場所をお知らせします。

ご予約・お問い合せ
ご予約はメールにて♪
件名に「ヨガ参加希望」と書いて、
お名前・ご連絡先・人数・ご希望の開催日、ヨガの経験具合を下記までお知らせください。
loveshanty@hotmail.co.jp

年齢・性別問いません。
ヨガがはじめての方、体の硬い方、運動不足の方、最近お疲れの方大歓迎!
体の不自由な方もムリない程度にご参加いただいてけっこうです。
心と体をひとつにして一緒にヨガを楽しみましょう。
みなさんのご参加お待ちしています。

第5回 キレイになるヨガ

第5回目のキレイになるヨガのお知らせです!
8月は場所がいっぱいでしたので次回のウィングスでのヨガは9月です。
8月のヨガもうっすら考えておりますのでまたお知らせします。
いっぱい呼吸して心も体もゆ~るゆる。
ステキな休日を過ごしましょ!

内 容 キレイになるヨガ
日 時 9月7日(日)10:00~11:30(9:30より受付)
場 所 東洞院六角 ウィングス京都 地下1F フィットネスルーム
参加料 1500円(レンタルマット料別途100円)

キレイになるヨガって??
ハタヨガをベースに動きがゆっくりとフローする
ヴィンヤサスタイルのビギナークラス。
ヨガがはじめての方や体のかたい方でもムリなくはじめられ、
呼吸を中心としたとても気持ちの良くなるクラスです。

・動きやすい服装で、ヨガマットをお持ちの方は持参してください。
・バスタオルやブランケット、はおるものなどお持ちいただけると
 冷え防止になります。
・開始15分前にはお越しください(遅れますとご参加いただけません)。
・ヨガの2時間前までに食事をすませておいてください。
・はじめて参加の方は必ずご予約ください(2回目以降の方ご予約不要)。

ご予約・お問い合せ
ご予約はメールにて♪
件名に「ヨガ参加希望」と書いて、
お名前・ご連絡先・人数・ご希望の開催日、ヨガの経験具合を下記までお知らせください。
loveshanty@hotmail.co.jp

年齢・性別問いません。
ヨガがはじめての方、体の硬い方、運動不足の方、最近お疲れの方大歓迎!
体の不自由な方もムリない程度にご参加いただいてけっこうです。
心と体をひとつにして一緒にヨガを楽しみましょう。
みなさんのご参加お待ちしています。

七夕ヨガ

はじめての平日夜開催、おうちヨガ無事終了しました~。
やっぱおうちは落ち着きます~~~。
蒸し暑い中クーラーなしで軽くホットヨガ状態。
や~熱い夜でした。

この日は七夕。
ヨガの後、星を見に屋上へ。
相変わらず七夕の夜は曇ってます。。。
でもとても美しい夜。
外の風が気持ちよくてずいぶん話し込んでしまいました。

そこでこんな意見が!
「ここで星空見ながら星空ヨガとかいんじゃない?」
わお~~~それ、いいかも!
てなわけで準備整い次第、告知させていただきます!


もうすぐ祇園祭。
京都はすっかりお祭りモードです。

PA0_0615.jpg

ある1日の贅沢ランチ

夏といえば~鰻。
アッツイ夏も鰻で精力つけて乗り越えよー!ってなわけで行ってきました
「京極かねよ」。

CA390445.jpg

うな丼の上にどかんとお布団みたいにぶあっつい出し巻の乗ったきんし丼ときも吸。
昔から変わってないんやろうな~っていう時代を感じさせる味。
でまた大正レトロな店構えがすごくいい!!
昼間っから贅沢です~。

ここでなんの変哲もないバニラアイスのひとつでもあればいいんだけど
ないので、スイーツ欲しさにご近所の「ふれかんて」へ。

CA390446.jpg

ミニクリームチーズパフェとコーヒーのセット。
くるくる巻いたクリームチーズの下にはりんごシャーベット♪
昔から変わらずおいし~~~。
甘味と酸味がたまりません!
贅沢です。

minaとMOVIXの間にあるので近くを通ったらぜひ。


ごはんの話題を書き出すとキリがないのですが、
こんなんでブログだいじょーぶでしょうか???笑

ブログ内検索

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。