スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どきどき

20100629230026.jpg

日本国民のみなさん、have toです!


スポンサーサイト

菜根譚

いわゆる“町家”でいただく中華のお店。

曲とかかかってないです。家です。

CA391348.jpg

久々に行ったら値上がりしておりましたが・・・

お昼のお弁当、超オススメです。

韮菜饅頭、超うまいです。

前、夜行ったときに食べた担々麺も、超うまいです。



昼間っから仲良しの友達と、

おいしいご飯にビールをいただく幸せ~。


el pollo

京都駅近くのあんまスペインぽくないけど

スペイン料理屋らしい、「el pollo」。

CA391345.jpg

マイナス2℃のビールだってさ。

うん、冷た~い。




CA391346.jpg

スペイン風オムレツおいしかった!




久々に会った友達に

「あの彼どーなった?」と聞くと

「それ、いつの話??」

と言われてしまうのはよくある話。

情報をアップロードしてもらいました。

よし、寝る。

サッカー起きて見るぞ!

日本の意地ってのを見守らなあかんからね!

CA391343.jpg


ビアホイ

梅田のベトナム料理屋。

CA391336.jpg

この異国な雰囲気がいい。好き。




料理の味もしっかりしてるし、

チェーの食べ放題って~のもあります。

ただし3杯目おかわりしたらきっとお腹を壊すでしょう。

私は2杯で踏みとどまった!


蓬莱山

お呼ばれ登山で滋賀の蓬莱山いってきました。

友達の友達がボストンから2人来ていて登山するというので

英語practiceのため、喜んで参加。

雨なら中止でしたが、朝降ってなかったので決行とのこと。

びわ湖バレイから3時間ショートコースで出発。

P1070621.jpg

まだゴキゲンだった頃の写真。




登山開始15分もしないうちに、

ボストン女性のティアがしんどいと言ってゴネ出しました。

「心臓がパンピング!5分歩いたら1分休憩ちょうだい!」




そんな彼女に追い討ちをかけるがごとく、

30分歩いたくらいで突如、大雨。

ああ~~~、やっぱ今日天候最悪だって。。。




もうムリ、もう下りるって言うんちゃうかな~と思ってたら

ゴネ続けながら、わりとがんばる彼女。

友達が山の素晴らしさを延々と語ってはげましてる。




一度雨は止んだものの、また激しく降り出す雨。

屋久島での10時間大雨登山の悪夢が再来。

他の登山者ゼロ。

道はそんなに角度はないけれど、

道しるべは少しのマークだけで、とても迷いやすい。




いよいよ豪雨となり、

ほとんど流れの強い川と化した山道を登りすすめる。

雨の装備をちゃんとしてたのは私だけだったので

みんな着替えもなくドボンドボン。。。




まだまだある道を見て、

ティアがいきなりダッと座り込んで、

もうイヤだ!二度と来るか!ちぇっ!とツバをはいていた。




カメラも携帯もきっちりリュックにしまってたので

何時間かかったのか定かでないけど

辛かった長かった時を乗り越えてようやく山頂へ。


P1070635.jpg

そこは完全に雲の中。

視界悪いけど、ある意味絶景で幻想的。




P1070638.jpg

真っ白だった視界にゴーストのように浮かび上がる建物。

男性のロンはリーダータイプでぜんぜんタフだ。




P1070648.jpg

山頂制覇!

言いだしっぺのこの2人。

がぜん山頂で元気になって、こんな写真を撮る余裕が出てるティア。

あのゴネゴネも半分冗談で、ほんまは山好きなんやん!てカンジ。




P1070660.jpg

帰りはすんなりロープウェイ。

あんなに過酷だったのに、終わってみれば

エンジョイしたね!って言い合えるタフガイばっか。




京都の友達からのメールで

「えっ、今日雨降ってなかったよ。」だって。




リサーチ不足で行き当たりばったりすぎるのが難点の友達ですが、

おかげでボストンの友達ができた日。


和楽路屋

ベリーダンス観に千里中央まで行くって話をしてたら

ちょうど地元千里中央の人がいて

「絶対食べなさい」とすすめられたのでいってきました。



ザ・大阪なたこ焼き屋~。

店内でいただきました。

CA391339.jpg

マヨネーズぶひっとなったけど、



、、、ま、、、ま、、、



まいりました。



中に入ってるものぜんぶすべてひとつにまとまって

この丸はひとつのコスモ!

さすがプロ~!

ベリーダンスの大御所

“ベリーダンスをやってる人は誰もがこうなりたい頂点”

と言うベリーの先生のススメで観てきました。




エジプトから来たDINAのショー。

CA391340.jpg

チラシ見たらめ~っちゃカワイイ20代女子!

なんとなく予感はしてたんやけど、

いきなり“アンコールありがとう!”

のテンションで出てきたのはどえらい大御所!!!




でも・・・でも・・・

すごい!!!

その妖艶さたるや・・・




曲を知り尽くし、踊り込んできた安定感、

場の空気を読み取りまくる感性の高さ!

決まりきったフリなんて大して意味ないな~と思えてくる。

アブトロニック最強にしてもあんなに腰は揺れないでしょう。



興味ある方はyou tubeで検索して観てみてっ。

S・A・T・C2

S・A・T・C2観てきました~。



前作を越えるインパクト!

ちょ~おもしろかった~!

そら、性に生きる人が性を禁じられたら

あ~なっちゃうよね。





サマンサみたいな友達がいたらおもしろいやろ~な~言うてたら


あっ


目の前にいた・・・。




あの4人で例えるなら私はミランダかな。

女子バンザイ!


旅の仲間

登山部メンバーがわりと増えてきて、

行動が大所帯となってまいりました。





寄せ集めメンバーだけど、

みんなやさしいし、すぐ打ち解けるし、

文句も言わず、その場を思い切り楽しめるメンバー。

DSC_ko0346.jpg

和歌山2日間楽しかった!

ありがとう、みんな。


精進cafe ふぉい

和歌山駅周辺でたまたま見つけたカフェ。

精進だなんてタイムリーすぎるじゃないですかっ。

CA391327.jpg

ごはんを食べてみたかったけど夕食には時間が早かったので

雪花氷いただきました~。

幸せのふわふわアイスだね。


和歌山城

龍神温泉行ったあと、

な~んも情報を持ってない私らの救いは友達のiPhone。

でもこれが山なので電波悪くうまくいかない。。。

DSC_ko0353.jpg

とりあえずどこよりも本屋へ行きたかった私ですが、

無難に和歌山城へ。

公園内に動物園もあって、わりと楽しめました。




おとなりの和歌山県立博物館ではちょうど「移動する仏像展」もやってて、

これの解説がすごくわかりやすくておもしろかった。

何千年も仏像を守ろうという心がずっとつながってきたからこそ

今こうして現代にも美しい姿を残しているのだ。と。



仏像の姿は脈々とつながってきた人の心でもあるのだな~。


熊野古道

那智の滝あたりの熊野古道を散策する!

ってのはかなわなかったけど

ちょっとそれっぽいところを見つけたので少し歩いてみました。

DSC_ko0332.jpg

高野山も熊野古道らしいんだけど、

やっぱ登山部だから~山歩くのが好き。


タコパ

おうちでたこ焼きパーティーしました!

CA391332.jpg

本日の新めにゅう。

トマト+バジル+チーズ

これに塩つけていただきます。

オススメです。


iPad

友達のiPadさわらしてもらいました~。

CA391335.jpg

あ~~~萌え萌え~~~。

思ってたより小さくて持ち運びしやすいカンジ~。




さて、今晩からワールドカップで忙しくなりますねえ。


瀧神温泉

和歌山2日目。

ほんとは勝浦の熊野三山にいって熊野古道を散策する予定でしたが

思ってたよりだいぶだいぶ遠いみたいで、

行くのは困難!ということが判明。

考えがあさはかだった~。

この段取り人間の私が予定白紙な状態に・・・。



とりあえず瀧神温泉にいってみました。

CA391325.jpg

日本三美人の湯ですって!

たしかにお湯がとろっとしていてすべすべになりました~。




DSC_ko0344.jpg

山が美しい~。


濱田屋

ごま豆腐の濱田屋さん。

持ち帰りの豆腐はけっこうな高級品だったのでその場でいただきました。



わさび醤油とか和三盆とか食べ方がいろいろあるので

大人数で迷ってたら

「はい、じゃあ、わさびの人!」「和三盆の人!」

と森○中の大島さんみたいなお店の方が

ハキハキとまとめてくれておもしろかった~!

CA391322.jpg

この日は特別に抹茶があるとのことで

抹茶のごま豆腐にミルクと和三盆。

スイーツ感覚でおいしいで~す。


こうやくん

高野山開創1200年記念のキャラクターこうやくん。

いたるところにいてます。

DSC_ko0219.jpg

こうやくんステッカーゲットしました。

なかなか癒される わけなんですね~。

わけなんですね

高野山では宿坊に泊まったわけなんです。

初めての宿坊。

いろいろおもしろいことがあったわけなんです。

DSC_ko0298.jpg

お世話になった大円院さん。






DSC_ko0293.jpg

食事は精進料理です。

坊主が用意してくれて、坊主がビールをすすめます。

ふつうの豆腐、ごま豆腐、高野豆腐、みっつ出ました。

これがなかなか美味しかったわけなんです。



早めに寝て、早朝からは朝のおつとめ。

高野山は真言宗なので、

言葉の持つエネルギーや大切さについてお話いただきました。

DSC_ko0316.jpg

わけなんですね~。

が思いっきり口癖のウドちゃんみたいなこのお方。

お世話になりました。



睡眠時間も少なく、お忙しそうだったので

お疲れじゃないですか?とお尋ねしたところ、

「ひとりでもしんどいとか言ってしまうと

それがまわりに伝染してしまいますので」

とお返事くださいました。




次来たときもまたここに 泊まりたい わけ なんですね~。

高野山日記 奥の院

これより先は死の世界。

DSC_ko0273.jpg

奥の院へ続く道。

その道は生い茂る杉の中の墓地。





DSC_ko0279.jpg

ただの墓地ではない。

豊臣秀吉、織田信長、武田信玄、、、もろもろ有名人の墓だらけ。

まるで墓アトラクション。

有名企業のお墓もたくさんあって、

高野山にお墓をたてるのがステータスのよう。





DSC_ko0282.jpg

水向地蔵に水をそそぎ、





DSC_ko0285.jpg

この三途の川のような御廟の橋を渡ればいよいよ奥の院。

橋板の裏に梵字(ぼんじ)が刻まれていて、

罪や煩悩が除かれるらしく、

板を1枚ずつ踏んでちょこちょこ歩いてたら

外国人がけげんな顔でこちらを見ていた。。。





橋を渡ると浄域。

昔は一般人がこの橋を渡ることは許されなかったのだとか。




奥の院の手前まで来るといよいよヤバかった。

のん気にパワースポット~とか言ってられないような気が

びしゃびしゃとくる。

奥の院の中はいくつもの灯籠が赤い光を放ち、

素晴らしく素晴らしく美しかった。




弘法大使はまだこの奥で生きていると言われているらしく、

朝昼晩食事が出されているそうです。


高野山日記 桜と紅葉

5月も半ばだったというのに咲いてた桜。

DSC_ko0152.jpg

風が吹くとふわ~っと花びらが舞ってそれはそれは美しかった。




そしてその手前には真っ赤に染まる紅葉。

DSC_ko0163.jpg

この絵はあんまないよね~。





DSC_ko0194.jpg

あと、しゃくなげがちょうど見頃満開。





DSC_ko0226.jpg

あちこちにしゃくなげと紅葉。





DSC_ko0230.jpg

これだけ見事だと、紅葉=秋って概念がなくなる。

四季折り重なる高野山。


高野山日記 金剛峯寺

ここも広くて美しい住坊です。

DSC_ko0242.jpg

古きよき建物。

古き暮らしが見られます。





DSC_ko0246.jpg

ん~容赦なくステキ。






DSC_ko0259.jpg

庭の石でかっ!

いちいちスケールがでかいわ~。


高野山日記 霊宝館

いわゆる宝物館です。

マストで行くべきです。

DSC_ko0231.jpg

期待を裏切らない内容でした。

だって仏像がいっぱ~い。濃い~。




ただ本館がクーラーききすぎ極寒で、寒すぎて、

みんなここですっかり体調を崩してしまったので

行かれる方は上着の準備を・・・。


高野山日記 壇上伽藍

またまた少し前になりますが、高野山行った話。

元坊主H氏の案内でディープな高野山ツアー!

と題しまして登山部メンバー集結!



がしかしH氏が急きょ来れなくなったため、

ただの素人ばっかりの手探りの旅となってしまいましたが、

がんばって行ってきました!





まずは壇上伽藍へ。

DSC_ko0096.jpg

金堂。

ここは高野山の総本堂となるところ。

中は広く、壁画も美しく、ソッコーで開いた口がふさがらない状態。





DSC_ko0110.jpg

六角経蔵。





DSC_ko0122.jpg

とりあえずよくわかんないけど





DSC_ko0127.jpg

この細かな装飾とか





DSC_ko0138.jpg

この絶妙なバランスとか





DSC_ko0142.jpg

建物みんなすんごくて





DSC_ko0136.jpg

見るものみんなすんごくて




その建築芸術の素晴らしさと存在感に圧倒され

みんなポッカーンでした。




DSC_ko0188.jpg

この根本大塔には

体が金ピカで髪の毛がブルーといういかにもインドな彩色の

大日如来さんがいはります。

ものすごいです。





DSC_ko0191.jpg

ちょうど鐘を鳴らすところでした。

押してつかず、引いてつく。




DSC_ko0215.jpg

広くて美しい壇上伽藍にテンション上がりまくりでした。


ブログ内検索

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。