スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凱旋門~エッフェル塔

ずっと憧れだったモンサンミッシェルへ行く。

という夢をかなえた私は夜7時にパリに戻ってきた。

お土産をたんまり買ったので荷物は多い。

フツーならまっすぐ家に帰ることでしょう。




でも夜のエッフェル塔は見たいのだ。

とりあえず荷物を置いて、またパリ中心へ戻ってこようと思うと往復2時間。

日が暮れる頃にはちょうどだが、う~ん。。。




ど~ん!

けっきょくそのまま行った!凱旋門行った!






この前は遠くからだったので近くで見たかった。






うん、キレイだ。そして元気だ。まだまだいける。






ここまで来たら当然登ります。

螺旋階段を歩きで。

およそ10kgの米俵をかついでいるかのような荷物と登る!






途中へばってる人もいたけど楽勝だわ!












こんな眺め。






正面からもパチリ。

車がすぐ側をブンブン通る。






シャンゼリゼのヴィトン本店。






おお~。






ディナーはシェ・クレマンへ。

ウォーター?と聞かれてウィ。と答えると

ミネラルウォーターが注文されてしまうことを学んだ私は

サラダとワインのみ。




これまではずっと友達が普通の水道水を頼んでくれてたのだ。

パリの水は飲める。

なので「カラフ ドー シルブプレ」って言うと

普通の無料の水が出てくる。

お腹の弱い私でも全然平気!



このお店はすごく接客も良くて明るくてステキだった。

基本的に一般の店は「呼ぶまで来ない。呼んでも来ない。」なんだもん。






ちょうど日も暮れてエッフェル塔へ。

やっぱ夜の方がキレイ。






真下に立ってみる。




上に登るのけっこう並んでたけど行ってみた。




行ってみたけど、外に並んでるのだけじゃなくて、

中のエレベーターがまったく進まずダダ混み状態で

ここで激しく疲労困憊。

私の荷物の多さを見て隣で「ツーリスト(笑)」とかって笑われてるし。






苦労して一番上に着いたものの、

疲れたし、風きついし、寒いしでまったく夜景に興味なく

すぐ降りた。




夜は1時間置きにエッフェル塔がキラキラ~と光るんだけど

10時のキラキラは下で並んでて、

11時のキラキラは上で並んでて見れんかった。。。なんだよ~。



エッフェル塔めっちゃくちゃ疲れた~。


スポンサーサイト

安くてうまい



西院の安くてうまい居酒屋。

なんやここ、ほんまに安い。

ええとこ教えてもらった~♪

上賀茂神社

きのうは朝から上賀茂神社行ってました。



雨には雨の美しさあり。






結婚式がめちゃくちゃ多いよき日だったのに

天気予報は大雨。

でも昼前にはカラリと晴れた!

すごい!花嫁パワー!?



今日もあんまり雨降らないね?

モンサンミッシェルのオムレツ

モンサンミッシェルの名物といえばオムレツ。

評判を見ると

“マズイ。高い。やめとけ。名物にうまいものなし。”

大抵そう書かれていた。




でもせっかく来たんだから自分の舌でそれを確かめる!

そう思って泊まったホテルの1階レストラン

ラ・メール・プラールへ。






オムレツ焼いてます。

見物の人だかりが多い。





店に入って日本語のメニューを見た。

表に書いてあった15ユーロのメニューはどれ?って聞いたら

子供用。

って言われた。




で、迷って、オムレツのある一番安いメニュー?25ユーロ?

またオマール海老か。きのう食べたけど好きだからいっか。

メニュー開いて左上の一番最初に書いてるコースにした。




太ったウェイターがなんか小さなボードを持ってきて

ロブスターは1匹かハーフか聞いてきたので

とっさに「ハーフ」って答えた。



バババっと言われてなんのこっちゃわからんかったし

なんの違いか聞こうかと思ったけどめんどくさいから

まあいいやと思ってそのままにした。




出てきた!オムレツ!

お味は・・・




バッフバフ!




食べれないほどマズくもないけど、美味しくもない。

なんでレストランで塩こしょうして食べなあかんねん

思いながらなんじゃこりゃオムレツを食べた。



じゃがいものトリュフのせ。

これはおいしい。






デザートにクレーム・ブリュレ。

これもおいしい。






で、お会計持ってきてもらったら、





?????




84ユーロ。




?????



昼間っからこんなに食べてバカじゃない?

って思って店員呼んで

「間違ってるし。私のじゃないし。」って言ったら

「ちょっと待って。」

ってなかなか取り合ってくれず、だいぶ待たされて

メニュー持ってこられて説明された。




「あなたが頼んだのはこれで、

ロブスター100gにつき、25ユーロです。」



!!!!!



ひゃあああああ。




つまり合ってるってこと。

私のレシートってこと。




日本語メニューなのに、

ちゃんとした説明もなくこそっと100gにつきみたいなんが書いてある。

ウェイターが持ってきたボードにはそういや

600/300みたいなんが書いてあった。

つまり25ユーロ×3にエビアン9ユーロ。

ざっと1万円。。。

こんな高いランチ食べたことないわ!




日本語メニューがあって、親切そうに見えるわりに

肝心なとこはわからんようにしてある。

見事に観光客向けのワナが仕掛けてあった!



なんてこった!!!!!




前の日に食べたオマール海老のディナーが

いかに安かったかが伺える。

しかもあっちは1匹だったし。






てゆーか隣のジャパニーズも奥のジャパニーズも

2階のジャパニーズもみんなみんなこれ食べてましたが?

みんな引っかかってびっくりしたんじゃないだろうか?




ひとりだけ、男性一人旅のジャパニーズが

違うメニューを食べてたので

おそらくあれが正確には一番安い

35ユーロのメニューだったんじゃないかと。





食べちゃったものは仕方ないので

「Too expensive!」

って2回言いながらすんなり支払って店を出た。





二度と思い出したくない思い出ができちゃったけど

やたらにこやか好意的で、この店で唯一いい思い出の

となりのおねえさん。





だって・・・狼タトゥー!






最後の最後にどーーーーんと沈む思いを抱えて

この地を後にした。





これから行かれる方の参考になればいいなと思って

ちょっと詳細に書いてみました。

もしかして1匹頼んでたら。。。

と思うと恐ろしい。。。




レンヌの駅前で超安い1.5ユーロのカフェを頼んで反省。

超高い経験値を買いました。

ワナの手前。

また散歩しつつ景色を望む。









満ちてるねー。






またサン・ピエール教会寄ったり






お土産屋さんをぶらぶらしたり。






ランチ食べて帰りたいのでお腹が減るまで

ここに座って海を眺めながらひたすらボケ~っとした。




この後見事に仕掛けられたワナにはまります。

大修道院

朝食を終えていよいよ大修道院内部へ。



ほんまここの看板はかわいすぐる。






超細い道発見!






朝の澄んだ景色は一段と美しく。






9時半過ぎに潜入。






至るところデザイン入ってます。






朝イチは日本人のツアーばっかりだった。






蛇口めっちゃかわいい。





ガイドつきじゃないから

後に本を買って帰ったくらいで理解乏しいので写真のみでどうぞ。





















美しすぎる中庭。







































モンサンミッシェルてっぺんのミカエル像のレプリカ。

本物は金ピカなので、はっきり見えなくてもすごい存在感あったなー。






見終わったー。

キレイの中に影も漂ってた。

聖地ではない超スーパー観光地!

朝のモンサンミッシェル



翌日朝~。窓から。







朝7:30満潮でございます。







きのう歩いたところはもう海。







反対側。










早朝も人気少なく。






ホテルを島内か対岸どちらにするか悩むところですが

よっぽど予算がないか、よっぽど遠景が好きでもない限り

島内がいいと思う!

世界遺産の中に泊まって、

城だけじゃない変わりゆく景色を見てほしい。







朝散歩を終えて朝食。


夜のモンサンミッシェル

夜の姿を見に、また城の外へ。









だいぶ暗いので足下を携帯で照らしながら。







これまでの写真はぜんぶiPhoneの写真やったけど

暗くて限界を迎えたので

こっからはデジカメ写真↓




R1062883m.jpg



R1062891m.jpg



R1062910m.jpg

真っ暗な草むらの中で

ちっちゃいカメラをちっちゃい三脚につけてひとり黙々と撮影。

出発ギリまで悩んだけど一眼レフは持っていかなかった。

なぜならば!重いから!




R1062916m.jpg

どうしても車のライトが写っちゃう。

でもたまった砂を除去して、駐車場は対岸に移して

新たな1本橋をかけるプロジェクトが始動中!




何年後かには海に浮かぶ“ラピュタ”が見れるよ!

ル・ムートンブラン



戻ってきたらすっかり人がいなくなった。






ソ ー セ ー ジ ガ レ ッ ト。だな。






さて、夕食とする。

白い羊マークのル・ムートンブラン。






空いてる。

2組くらいしかおらん。

お決まりのシードル。

あー、もう、やっぱうまーい。






シーフードのディナーコースたのんだ。

山盛りの貝。貝。貝。

ちまちまちまちまと掘る!







メインはオマール海老!

わーい!






デザートはクレープにした。うまーい。

たしかこれで30ユーロくらいだったかな。お手頃~。






よし、やっと日が暮れた。






夜景を撮りにまたあの道へ出かける!


対岸への道

対岸までの道2キロを歩く。



ようやく全景をちゃんと見た。












雲もいちいち美しい。












城が水辺に映るこのあたりが好き。












対岸の橋から。






対岸着いたー。






対岸にはお土産売ってるスーパーみたいなんがある。

スノーボールを自分へのお土産に。

モンサンミッシェルのお土産はクッキーもいいけど、

ここで買った塩キャラメルと、ヌガーもおすすめ!

めちゃくちゃ好評でした。






帰りの景色。






日が暮れてきた。






少しの時間でもう違う表情を見せる。















往復4キロ。

世界遺産が近づいたり遠ざかったり。

この道は全然苦じゃない。

美しさめくるめく贅沢な道。


干潟散歩

城のまわりを歩いてみる。















岩場もある。

行けるところまで行ってみよう。






満足したので引き返す。






靴ぐっちゃぐちゃ。

荷物に余裕のある人はレインブーツがあるといい。









水たまり越しのこの絵がめっちゃ好き。






そいでまた上まで登って同じ場所。笑

心地いい。


探索探索~





この城はほんとにどこを切り取っても美しい。






上から見たグランド・リュ。






これはたしか私の部屋の窓。
















隅々まで歩く!






サン・ピエール教会。






入口にはジャンヌ・ダルク像。






大天使ミカエル像。






登ったり降りたり

気がついたらまた同じところを歩いて

また同じような写真を撮っちゃうのだ。


モンサンミッシェル探索~



身軽になって早速でかける。

王の紋章。





郵便局もある。

こっから絵ハガキ出したらステキだろうな。

閉まってたから出したい人は切手持参の方がいい。





この日は修道院はお休みだけど、店は開いてる。

人いっぱい。





パリ市内のスーパーで買った方が安いクッキー。

1個買いは2.6ユーロで日本より高い!

日本では248円とかで売ってるし!

スーパーで買うタイミングがあるかわかんないので

いちおー12個アソート買っといた。重っ。





細い道。

両脇にお店。

人混みとアップダウン。

江ノ島に似ている。。。





北塔。





ガイドなしなので覗いてもなんのことだか?





ここからの景色。やばい。





だいぶやばい。





干潟を歩く人が見える。











きれい。






ぐるぐるぐるぐる登ったり降りたりけっこうハード。





壁の小窓から。

モンサンミッシェル到着~

レンヌから無事に12:45のバスに乗った。



ジャパニーズ超多い。

こっからおよそ1時間20分。






見えたーーー!






到着~~~。

わ~~~、来ちゃった。来ちゃった。






まずは

“あんないじょ りょうがえ”

って書いてある観光案内所へ。






モンサンミッシェルで有名なのはオムレツ。

そのオムレツで最も有名なレストランのホテルに泊まる。

入り口からすぐのところにあるホテル、ラ・メール・プラール。






チェックイン!

階段にたくさんの絵と写真。






おみやげコーナー。

あのでかいカンカンのクッキーほしかったけど

あんなでかいの持って帰れまい。






モンサンミッシェルを描いた絵もたくさん。






かわいい。






私の部屋。

44は日本ではないねえ。






お部屋もかわいいでーす。






サービスのミニクッキーと鍵。






窓からの見晴らし。

正面すぎてみんなが撮ってる写真に写ってしまうではないかっ。笑

ブログ内検索

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。