スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサンミッシェルのオムレツ

モンサンミッシェルの名物といえばオムレツ。

評判を見ると

“マズイ。高い。やめとけ。名物にうまいものなし。”

大抵そう書かれていた。




でもせっかく来たんだから自分の舌でそれを確かめる!

そう思って泊まったホテルの1階レストラン

ラ・メール・プラールへ。






オムレツ焼いてます。

見物の人だかりが多い。





店に入って日本語のメニューを見た。

表に書いてあった15ユーロのメニューはどれ?って聞いたら

子供用。

って言われた。




で、迷って、オムレツのある一番安いメニュー?25ユーロ?

またオマール海老か。きのう食べたけど好きだからいっか。

メニュー開いて左上の一番最初に書いてるコースにした。




太ったウェイターがなんか小さなボードを持ってきて

ロブスターは1匹かハーフか聞いてきたので

とっさに「ハーフ」って答えた。



バババっと言われてなんのこっちゃわからんかったし

なんの違いか聞こうかと思ったけどめんどくさいから

まあいいやと思ってそのままにした。




出てきた!オムレツ!

お味は・・・




バッフバフ!




食べれないほどマズくもないけど、美味しくもない。

なんでレストランで塩こしょうして食べなあかんねん

思いながらなんじゃこりゃオムレツを食べた。



じゃがいものトリュフのせ。

これはおいしい。






デザートにクレーム・ブリュレ。

これもおいしい。






で、お会計持ってきてもらったら、





?????




84ユーロ。




?????



昼間っからこんなに食べてバカじゃない?

って思って店員呼んで

「間違ってるし。私のじゃないし。」って言ったら

「ちょっと待って。」

ってなかなか取り合ってくれず、だいぶ待たされて

メニュー持ってこられて説明された。




「あなたが頼んだのはこれで、

ロブスター100gにつき、25ユーロです。」



!!!!!



ひゃあああああ。




つまり合ってるってこと。

私のレシートってこと。




日本語メニューなのに、

ちゃんとした説明もなくこそっと100gにつきみたいなんが書いてある。

ウェイターが持ってきたボードにはそういや

600/300みたいなんが書いてあった。

つまり25ユーロ×3にエビアン9ユーロ。

ざっと1万円。。。

こんな高いランチ食べたことないわ!




日本語メニューがあって、親切そうに見えるわりに

肝心なとこはわからんようにしてある。

見事に観光客向けのワナが仕掛けてあった!



なんてこった!!!!!




前の日に食べたオマール海老のディナーが

いかに安かったかが伺える。

しかもあっちは1匹だったし。






てゆーか隣のジャパニーズも奥のジャパニーズも

2階のジャパニーズもみんなみんなこれ食べてましたが?

みんな引っかかってびっくりしたんじゃないだろうか?




ひとりだけ、男性一人旅のジャパニーズが

違うメニューを食べてたので

おそらくあれが正確には一番安い

35ユーロのメニューだったんじゃないかと。





食べちゃったものは仕方ないので

「Too expensive!」

って2回言いながらすんなり支払って店を出た。





二度と思い出したくない思い出ができちゃったけど

やたらにこやか好意的で、この店で唯一いい思い出の

となりのおねえさん。





だって・・・狼タトゥー!






最後の最後にどーーーーんと沈む思いを抱えて

この地を後にした。





これから行かれる方の参考になればいいなと思って

ちょっと詳細に書いてみました。

もしかして1匹頼んでたら。。。

と思うと恐ろしい。。。




レンヌの駅前で超安い1.5ユーロのカフェを頼んで反省。

超高い経験値を買いました。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ブログ内検索

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。